デリケートゾーン(まんこ)の黒ずみ対策|アットノンは危険なの!?

多くの女性が悩みを抱える、デリケートゾーンの黒ずみ。

普段は目に付きにくい部分ですが、

  • 大切な人と過ごす夜
  • 海やプールに行く前

などには、気になってしまいますよね。

しかし、なかなか人には相談しにくい悩みであることは間違いありません。

私自身も長年、デリケートゾーンの黒ずみには悩まされてきました。

「デリケートゾーンの黒ずみに効果的」と聞けば、次から次へと試してきました。

正直、長年かけて黒ずんでしまった「デリケートゾーンの黒ずみ」は、そう簡単には消えるものではありません。

しかし最近では、手軽に手に入る市販薬などが、デリケートゾーンの黒ずみに効果的だという話も耳にします。

その一つが、「アットノン」です。

アットノンは、火傷跡や古傷に塗ると、血行と代謝を良くしてお肌の再生を促し、傷を目立たなくする効果があるクリームです。

ジェルタイプもありますが、保湿力があって伸びが良いクリームタイプがオススメです。

この記事では、

  • なぜ、デリケートゾーンの黒ずみが起きてしまうのか
  • アットノンは、デリケートゾーンの黒ずみに効果的か
  • デリケートゾーンに対して、アットノンを使っても問題はないのか

このような順番で検証していきますね!

 

 

デリケートゾーンの黒ずみにアットノンは効果があるのか?

 

アットノンを使えば、お肌の代謝が改善されて、黒ずみを排出しやすくなります。

その点では、デリケートゾーンの黒ずみの解消にもつながると考えられるでしょう。

しかし、実際に使うとなると、注意が必要なんです。

まずは、デリケートゾーンの黒ずみの原因を見てみましょう。

  • メラニン色素の沈着
  • お肌の代謝が悪くなり、メラニンをきちんと排出しきれていない

この2つが、黒ずみの主な原因です。

メラニンは、お肌の乾燥や刺激などで発生します。

代謝が良ければメラニンをきちんと排出できるのですが、代謝が悪化することで、体内に残ったメラニンが色素沈着を起こします。

そこで、アットノンの登場です。

確かに、アットノンを使えばお肌の代謝がアップします。

しかし、アットノンには美白成分が配合されているわけではないため、メラニンを抑制したり、黒ずみを薄くする効果は期待できないでしょう。

あくまで、アットノンを塗った部分の代謝を促進して、メラニンを排出しやすくするということです。即効性はなさそうですね。

デリケートゾーンの黒ずみに対して、美白成分が含まれないアットノンを使うよりも、美白成分が含まれたデリケートゾーン専用のクリームを使った方が良いでしょう。

>>美白成分入りのおすすめ黒ずみ専用クリーム

 

デリケートゾーンにアットノンを使っても問題ない?

長い目で見ると、デリケートゾーンのお肌の代謝が上がれば、黒ずみにくくなるかもしれません。

しかし、アットノンをデリケートゾーンの黒ずみに使うのは要注意ですよ!

アットノンは、皮膚が薄い顔や、太ももの付け根部分に使用することは避けなければなりません。粘膜に使うのも禁物です!

そして、デリケートゾーンは、顔の皮膚の何倍も薄い部分でもあります。

何らかの肌トラブルが起こる可能性もあるでしょう。

アットノンは、肘や膝などの古傷や、火傷の跡に使う目的で作られています。

なのでアットノンをデリケートゾーンに使うことは避けた方が良いですね。

 

まとめ:デリケートゾーンへのアットノンの使用は避けるべき

では最後に今回の内容をまとめます

  • デリケートゾーンの黒ずみの主な原因は、メラニン色素の沈着である
  • アットノンはお肌の再生を促す効果はあるが、美白効果は期待できない
  • アットノンをデリケートゾーンに使うことは避けるべきである
  • デリケートゾーンの黒ずみには、デリケートゾーン専用のクリームがオススメ

繊細なデリケートゾーンには、アットノンの使用は避けるべきですね。

また、黒ずみを解消したいのなら、美白成分が配合されていることが重要です。

デリケートゾーン専用のクリームなら、安心して使えそうですね!

ということで、デリケートゾーンの黒ずみを解消したいなら、デリケート専用のクリームを使ってみましょう。

おすすめの黒ずみ対策クリームランキング