放っておけない!デリケートゾーン(まんこ)の黒ずみとかゆみの関係性

デリケートゾーンの黒ずみだけでも悩まされているのに、さらに、かゆみまで伴っていたら、頭を抱え込んでしまいますよね。

デリケートゾーンの悩みは他人にも相談しにくいですし、病院にも行きづらいのも納得です。

デリケートゾーンのかゆみは、我慢したくても我慢できないものです。

しかし、何も対策をしなければ、かゆみが続いていくばかりでなく、デリケートゾーンの黒ずみにも悪化してしまうものなんですよ!

この記事では、

  • デリケートゾーンの黒ずみの原因
  • デリケートゾーンの黒ずみとかゆみの関係性について
  • デリケートゾーンのかゆみの原因で考えられること
  • デリケートゾーンのかゆみ解消法

このような順番でチェックしていきましょう!

黒ずみとかゆみの原因を把握し、最善の対策ができると良いですね。

 

 

デリケートゾーンの黒ずみとかゆみは関係性がある

まずは、デリケートゾーンの黒ずみの原因を知り、かゆみとの関係性についても解説していきますね。

デリケートゾーンの黒ずみの主な原因は、「メラニン」によるものです。

生成され続けた「メラニン」がきちんと排出されないことで、色素沈着を起こします。

メラニンが生成されるきっかけとなるのが、

  1. 刺激や摩擦によるもの
  2. お肌の乾燥やバリア機能の低下
  3. 生活リズムやホルモンバランスの乱れ

この3つですね。

そして、デリケートゾーンのかゆみと深く関わっているのが、1番の「刺激や摩擦によるもの」と2番の「お肌の乾燥やバリア機能の低下」です。

デリケートゾーンを「掻く」という行為そのものが刺激や摩擦となり、メラニンが生成されやすくなってしまいます。

また、デリケートゾーンの皮膚はとても薄く、保水力がないため、乾燥しやすい状態です。

乾燥すればバリア機能が低下し、メラニンが生成されてしまう原因となります。

デリケートゾーンの黒ずみとかゆみは、深い関わりがあることがわかりますね。

 

デリケートゾーンのかゆみの原因は?

では次に、デリケートゾーンのかゆみの原因を見ていきましょう。

  • あせもや湿疹

デリケートゾーンは、常に下着やストッキングで圧迫されている状態のため、蒸れやすい部分でもあります。

もちろん、汗もかきやすいですよね?

なので汗に含まれる塩やアンモニアによって、あせもや湿疹になってしまうことがあります。

  • 乾燥によるもの

メラニンが生成される原因でもある乾燥ですが、実は、かゆみの原因でもあります。

乾燥している状態でさらに掻いてしまうのも、バリア機能をどんどん低下させることになり悪循環です。

  • 性病や水虫の菌など

デリケートゾーンに異変があったり、市販薬が効かないなどの場合、性病や水虫の菌に感染している可能性も考えられます。

この場合、セルフケアでは完治が難しいため、専門の医師に相談するべきでしょう。

デリケートゾーンのかゆみの大半は、蒸れによるものや、お肌の乾燥です。

デリケートゾーンの黒ずみ対策の前に、かゆみの対策をすることをオススメします。

 

デリケートゾーンのかゆみを解消するには?

では、デリケートゾーンのかゆみに対しての、具体的な解消法をご紹介しますね。

  • デリケートゾーンを清潔に保つ

デリケートゾーンを洗う際は、泡を使って優しく洗うようにしましょう。ゴシゴシ洗うのは、乾燥や黒ずみの原因になってしまいます。

  • デリケートゾーン専用のクリームを塗る

デリケートゾーンのかゆみ専用のクリームが市販されています。保湿成分も入っていますので、かゆみも乾燥も防いでくれますよ!

  • 通気性の良い下着を身に付ける

天然素材のショーツを身に付けることで、デリケートゾーンが蒸れにくくなります。あせもや湿疹を防いでくれるでしょう。

デリケートゾーンのかゆみ対策は、手軽にできるものがほとんどです。

病院へ行かなくても、セルフケアで解決できる場合もありますので、ぜひ実践してみて下さいね!

 

まとめ:かゆみ解消でデリケートゾーンの黒ずみ改善

最後に今回の内容をまとめます。

  • デリケートゾーンの黒ずみの原因は、「メラニン」である
  • デリケートゾーンの黒ずみとかゆみには深い関係性がある
  • かゆみの原因は、デリケートゾーンの蒸れや乾燥によるものが多い
  • かゆみを解消するためには、デリケートゾーンを清潔にしたり、市販のクリームを使うこともオススメ

デリケートゾーンのかゆみが解消されることで、摩擦や刺激も減ることでしょう。

その結果、デリケートゾーンの黒ずみ改善にもつながりますよ!

その他、デリケートゾーンの黒ずみ解消法については、こちらの記事も参考にしてみてください。

おすすめの黒ずみ対策をチェック

 

ウソ!?デリケートゾーン(まんこ)の黒ずみの原因はパンツにあり!?

年々悪化するデリケートゾーンの黒ずみに悩まされている女性は、想像以上に多いものです。

普段は目につかない部分だけに、ケアを怠ってしまっている人もいるかもしれません。

私も、特別なケアをしていたわけではないのですが、ある時、ゾッとするほどデリケートゾーンが黒ずんでいた時期がありました。

ヒップアップ目的で、人生で初めて「ガードル」を履いた時があったのですが、1ヶ月以上履き続けていたところ、自分でもはっきりわかるほどに、デリケートゾーンの黒ずみが悪化していたのです。

黒ずみの原因をあまり知らなかった私でしたが、黒ずみが悪化した後に原因を知ることになりました。

  • パンツ
  • ストッキング
  • ガードル

毎日履いているものが、デリケートゾーンの黒ずみを悪化させていたなんて…

この記事では、

  • デリケートゾーンの黒ずみの主な原因
  • パンツがなぜ、デリケートゾーンの黒ずみの原因になるのか?
  • 黒ずみを悪化させやすいパンツとは?
  • 黒ずみ対策におすすめのパンツ

これらをご紹介していきます。

デリケートゾーンの黒ずみ解消や予防のためにも、ぜひ参考にしてみて下さいね!

 

 

パンツがデリケートゾーンの黒ずみの原因になってしまう理由

毎日履いているパンツなどが、デリケートゾーンの黒ずみを悪化させるなんて驚きでした。

かと言って、パンツを履かないわけにもいきませんしね。

まずは、黒ずみの原因と、パンツが黒ずみを悪化させる理由についてです。

デリケートゾーンの黒ずみの主な原因は、

  • 「メラニン」が体内に残り、色素沈着を起こしている
  • 排出されなければならない「メラニン」が、体内に多く残ってしまっている

大きく分けるとこの2つです。

では、パンツが「メラニン」とどう関係しているのでしょうか?

パンツに限らずですが、履き物は履いているだけで、デリケートゾーンへの刺激や摩擦が起きています。

この刺激や摩擦によって、黒ずみの原因「メラニン」が作られてしまうのです。

余計な「メラニン」が増えれば増えるほど、色素沈着を起こしやすくなるのも頷けますね。

 

デリケートゾーンが黒ずみやすくなるのはどんなパンツ?

デリケートゾーンの黒ずみが悪化しやすいのはどんなパンツなのか?

そのようなパンツを身に付けていないか、チェックしてみて下さいね!

  • サイズが小さい(締め付けがキツイ)パンツ

当然ながら、パンツのサイズが小さいと、締め付け感がキツくなります。

デリケートゾーンへの過度な圧迫が続くと、肌を守るために「メラニン」が生成されます。

このような状態が続くと、黒ずみが悪化しやすくなってしまいますよね。

  • 摩擦が起きやすい素材のパンツ

ただでさえ摩擦を避けたいところですが、パンツの素材によっては、摩擦が起きやすくなってしまいます。

パンツによって黒ずみが悪化してしまうということは、黒ずみが起きにくいパンツを選べば、デリケートゾーンの黒ずみが改善されるかもしれないということです。

 

どんなパンツがデリケートゾーンの黒ずみ対策にはおすすめ?

では実際に、どんなパンツが黒ずみ解消に適しているのかをチェックしていきましょう!

  • サイズが合ったものを選ぶ

小さいサイズのものを避け、サイズが合っているパンツを選びましょう。

ゴムの締め付けも、ビキニラインやウエストラインの黒ずみの原因になりますので、ご注意を…

  • 天然素材のものを選ぶ

天然素材のパンツは、摩擦が起きにくいだけでなく、通気性が良いのも特徴です。

デリケートゾーンの黒ずみ対策にも、蒸れ対策にもおすすめですよ!

デリケートゾーンの黒ずみに悩まされている人は、まずは毎日履くパンツを、より良いものに変えてみるのも良いかもしれませんね。

 

まとめ:黒ずみ改善のためにパンツを変えてみましょう!

最後に今回の内容をまとめます。

  • デリケートゾーンの主な黒ずみは「メラニン」である
  • パンツによる摩擦や刺激が、新たな「メラニン」を作り出している
  • 体のサイズに合わないパンツは、黒ずみを悪化させる原因になる
  • 体のサイズに合った、天然素材のパンツがおすすめ

パンツを変えるだけでデリケートゾーンの黒ずみが改善されるかもしれません。

心当たりがある人は、ぜひ試してみて下さいね!

その他、おすすめの黒ずみ対策をチェックしたい方はこちらもどうぞ。

おすすめの黒ずみ対策を見る

 

産後にデリケートゾーン(まんこ)の黒ずみが悪化する2つの理由とは?

多くの女性を悩ませる、デリケートゾーンの黒ずみ。

その中でも、産後にデリケートゾーンの黒ずみが悪化してしまったという人が多いのをご存知でしょうか?

自分ではなかなか気付きにくく、産後に、ご主人から指摘されて気付いたという人も少なくありません。

生まれたての赤ちゃんのお世話をしなくてはいけない時期に、余計に頭を悩ませてしまっているかもしれませんね。

私自身も6年ほど前に出産を経験。

私の場合、妊娠中からデリケートゾーンの黒ずみが気になって仕方がありませんでした。

さらには、産後に黒ずみが悪化していたのには、ショックも大きかったです。

一度黒ずんでしまうと、なかなか改善されないのも辛いですよね。

この記事では、

  • デリケートゾーンの黒ずみの主な原因
  • 産後に、デリケートゾーンの黒ずみが悪化する理由
  • 自宅でできる、デリケートゾーンの黒ずみ解消ケアのご紹介

これらを順番に見ていきましょう。

デリケートゾーンの黒ずみを解消するのは、簡単なことではありません。

しかし、日頃のケアを継続していくことで、時間はかかるかもしれませんが、改善されていくことでしょう。

 

産後のデリケートゾーン黒ずみの原因は?

もともと女性のデリケートゾーンは、黒ずみやすい部分でもあります。

まずは、デリケートゾーンが黒ずんでしまう原因をおさらいしてから、産後に悪化してしまう理由を確認していきましょう!

デリケートゾーンの黒ずみの主な原因は、

  • 「メラニン」が色素沈着を起こしている
  • お肌の再生の周期が乱れ(遅れ)、メラニンが排出しきれていない

この2つが挙げられます。

黒ずみの元「メラニン」は、デリケートゾーンへの摩擦や刺激、お肌の乾燥などで生成されていきます。

また、お肌の再生と共に「メラニン」は排出されるのが正常な状態ですが、何らかの理由でお肌の再生が遅れてしまうと、「メラニン」が排出されにくくなってしまいます。

では次に、産後にデリケートゾーンの黒ずみが悪化してしまう理由についてです。

  • ホルモンバランスの乱れにより、「メラニン」が過剰に生成される
  • 生活リズムの変化やストレスなどで、お肌の再生がさらに遅れてしまっている

この2つの理由によって、普段よりも黒ずみが悪化しやすい状態なんですね。

 

自宅でできるデリケートゾーンの黒ずみ解消法

では、産後に悪化してしまったデリケートゾーンの黒ずみを解消するために、自宅で続けられる簡単ケアをご紹介していきますね!

  • 生活リズムを整える

赤ちゃんに合わせた生活リズムになるので、生活リズムそのものを変えることは難しいですが、栄養バランスを考えた食事や、睡眠時間の確保など、できることから実践していって下さいね。

これは、お肌の再生を促すためにも大切なことです。

  • デリケートゾーン専用の石鹸を使う

インターネットでも手軽に購入できる石鹸があります。

デリケートゾーンの黒ずみや、気になるニオイにも効果的なんですよ!

  • デリケートゾーンの黒ずみ専用クリーム

薬局や通販などで手に入る美白成分入りのクリームです。

刺激や副作用の心配も少なく、デリケートゾーンに塗るだけなので手間もかかりません。

>>おすすめの黒ずみ対策クリームを見る

  • 刺激や摩擦を与えないようにする

デリケートゾーンに対して、刺激や摩擦を与えないようにして下さいね。

毎日履いている下着の素材を、天然素材のものに変えるというのもオススメですよ!

 

まとめ:産後でもしっかりとデリケートゾーンの黒ずみ対策を!

最後に今回の内容をまとめます。

  • デリケートゾーンの黒ずみの主な原因は、「メラニン」である
  • 産後の生活リズムやホルモンバランスが、黒ずみを悪化させている
  • 自宅で簡単に続けられる黒ずみ解消ケアはいくつか種類がある

産後は、赤ちゃんのお世話で大変だと思います。

しかし、女性としては、デリケートゾーンの黒ずみの悪化は避けたいものですよね。

ぜひ、毎日のケアを続けて、黒ずみを改善していきましょうね!

ちなみに当サイトでは黒ずみ対策として様々な方法を比較しています。

産後で時間の限られている方でも、自宅でできる対策を比較していますので、よかったら参考にしてみてください。

おすすめの黒ずみ対策をチェック