デリケートゾーン(まんこ)の黒ずみ|美容整形なら解消してくれる?

デリケートゾーンの黒ずみ、気付いたらセルフケアではどうにもならない状態に…。そんな悩みをお持ちではありませんか?

デリケートゾーンの黒ずみ専用のクリームなどもありますが、効果は人にもよりますし、長い時間を要します。

それ以外のセルフケアの場合も、黒ずみを解消することはなかなか難しいものです。

私自身、デリケートゾーンの黒ずみを何とかしようと、セルフケアに時間をかけてきましたが、時間が経てば経つほど悪化していくように感じていました。

そんな時、美容皮膚科などで行なっている美白レーザーの存在を知りました。

デリケートゾーンに対しても行われているレーザー治療は、何度か通院が必要ですが、セルフケアに比べたら時間はかからないし、期待が持てそうですよね。

そして、もう一つ気になったのが「美容整形」。

美容整形に対する私のイメージは、体の悩みやコンプレックスを解消してくれるというものでした。

「もしかして美容整形なら、デリケートゾーンの黒ずみ解消にも期待が出来るかも!?」

というわけで、美容整形について調べてみることにしました。

この記事では、

  • 美容整形でデリケートゾーンの黒ずみに対して行われている治療法
  • 美容整形でデリケートゾーンの黒ずみを解消するまでにかかる時間や料金
  • 美容整形を受ける際の失敗やデメリットについて

これらを順番にチェックしていきましょう!

 

 

デリケートゾーンの黒ずみを美容整形により解消する方法

美に対する関心が高まっている近年、美容整形外科も数多く存在します。

行なっている施術は様々ですが、デリケートゾーンの黒ずみに対する治療を行なっている美容整形外科もありました。

主な治療内容は、

  • 塗り薬の処方
  • レーザー治療
  • 外科的手術

これら3つの治療法です。これらについて簡単に紹介します。

 

①塗り薬

医療用のピーリング剤や、美白効果の高いハイドロキノンなどのクリームが処方されます。

専門の医師が処方するものですので、効果は高くても副作用などの心配も少なく、安心して使うことが出来るでしょう。

 

②レーザー治療

デリケートゾーンの黒ずみの主な原因である「メラニン」に照射することで、メラニンが破壊され、お肌の再生とともに剥がれ落ちていく治療法です。

 

③外科的手術

黒ずみの部分を切除する手術です。

手術の際、自然に溶ける糸などを使用する場合がほとんどですので、一度の処置で済んでしまうのも嬉しいですね。

 

美容整形外科では、女性の医師のカウンセリングや処置を希望することも出来ますので、抵抗はあまりないかもしれませんね。

 

美容整形による黒ずみ対策でかかる時間や料金は?

美容整形外科や施術内容によって、時間も料金も様々です。

塗り薬の処方やレーザー治療だと、デリケートゾーンの黒ずみが完全に解消されるまでに、通院が必要になるでしょう。

また、外科的手術の場合、一度の処置で済むということも珍しくありません。

塗り薬の処方はさほど料金がかかりませんが、レーザー治療や外科的手術料金は高額になることが多く、数万円~数十万円と幅も広いですね。

実際のカウンセリングなどで、事前に料金をチェックしておくことをおすすめします。

 

美容整形による黒ずみ対策に失敗やデメリットなどは?

美容整形でデリケートゾーンの黒ずみを解消しようとする場合、失敗というわけではありませんが、肝に銘じておかなければならないことがあります。

レーザー治療は、人によっては効果が得られないこともあります。

医師と相談しながら、治療を進めていくようにしましょう。

また、レーザー治療にも外科的手術にも言えることですが、一度デリケートゾーンの黒ずみが解消されたとしても、以前と同じケアや生活を繰り返せば、いずれまた黒ずみが発生してしまうことは覚えておいて下さいね。

そうならないためにも、治療後は、黒ずみの予防をすることが必須ですよ!

 

まとめ

最後に今回の内容をまとめます。

  • 美容整形でデリケートゾーンの黒ずみを解消する治療法は、塗り薬やレーザー治療、外科的手術がある
  • 受診する美容整形外科や処置内容によって、時間や料金は様々である
  • 失敗のリスクは少なくても、黒ずみは再発に注意しなければならない

美容整形外科ではカウンセリングもあるので、デリケートゾーンの黒ずみが気になっている人は、カウンセリングだけでも受けると良いかもしれませんね。

あとはもし人目が気になるようでしたら、別の対策方法も検討してみてもいいでしょう。

こちらで自宅でできる対策方法を比較していますので参考にどうぞ。

おすすめの黒ずみ対策をチェック