デリケートゾーン(まんこ)黒ずみを皮膚科で解消!一体どんな治療法?

多くの女性が悩むデリケートゾーンの黒ずみ。

普段はなかなか目にしない部分ですが、温泉や海などへ行く時、彼氏とのデートの前などは、気になる人も多いのではないでしょうか。

私もデリケートゾーンの黒ずみに悩まされているうちの一人です。

いつからこんなに黒ずんでいたのかも忘れ、気付いた時には色々試しましたが、これと言って効果があるものはありませんでした。

そこで考えたのが、皮膚科での黒ずみ解消です。専門の医師ならどうにかしてくれるのではないかと。

きっと、私と同じように悩み、皮膚科での治療を考えている人もいると思います。

しかし、いざ皮膚科に行こうとしても、どんな治療法なのか?費用はどれくらいかかるのか?など、気になってしまいますよね…

ということで今回の記事を皮膚科へ行く前に、チェックしてみて下さいね!今回は

  • 皮膚科と美容皮膚科だったら、どちらへ行くべきか?
  • 実際に行われる皮膚科での治療法
  • 皮膚科なら確実に黒ずみは解消されるのか?
  • 皮膚科へ通うために必要な費用や回数は?
  • 皮膚科での治療、安全性は問題ないのか?

このような順番でご紹介していきますね。

 

 

皮膚科でのデリケートゾーンの黒ずみ解消法の種類

皮膚科なら、専門の医師の的確なアドバイスや治療を受けることが可能です。

治療内容や費用など、気になることをチェックしていきましょう!

まずは、どんな皮膚科を選べばよいか悩むところですね。

普通の皮膚科と美容皮膚科の場合、デリケートゾーンの黒ずみ解消に適しているのは美容皮膚科です。

普通の皮膚科でも、美白成分入りの塗り薬を処方してくれますが、それ以外の治療法の選択肢がないからです。

また、美容皮膚科の場合、受け付けから医師まで女性であることが多いため、相談などしやすいでしょう。

 

美容皮膚科で受けられる黒ずみの治療法

ここからは美容皮膚科で受けられる治療法について紹介していきます。

  • 塗り薬

美白成分「ハイドロキノン」や、お肌の再生のサイクルを早めてくれる「トレチノイン」などの塗り薬が処方される。

  • レーザー治療

黒ずみの元である「メラニン」にレーザーを照射して、メラニンを破壊していく治療法。

  • ケミカルピーリング

お肌の再生を促し、メラニンを排出しやすくする。黒ずみを直接的に治療するわけではないが、黒ずみ解消をサポートしてくれる治療法。

  • レーザー脱毛

これも、黒ずみを解消する治療法ではないが、レーザー脱毛後は、塗り薬が浸透しやすくなり、薬の効果を上げてくれる。

美容皮膚科なら、いくつかの治療法がありますね。

しかし、100%黒ずみが解消されるかというと、100%ではないことは覚えておいて下さいね。

これらの治療そのものがデリケートゾーンへの刺激やダメージになってしまい、黒ずみが悪化してしまった人もいるということです。

 

黒ずみ解消のためにどれくらい通院が必要か?

美容皮膚科では一度の治療で黒ずみが解消されることはありません。

セルフケアで黒ずみを解消するよりは短期間で治療が終わるケースがほとんどですが、5回~12回ほどの通院が必要になります。

 

美容皮膚科は費用が高額になることも

美容皮膚科での治療は保険がきかないため、費用が高額になることもあります。

塗り薬以外の治療法の場合、数万円以上はかかると考えた方が良いでしょう。

 

美容皮膚科の治療は人によっては合わないことも

美容皮膚科での治療法は、人によっては体質に合わないこともあります。

副作用があったり、赤みやかゆみが表れたりする人もいます。様子を見ながら治療を続けていくといいでしょう。

また、デリケートゾーンの治療は、お腹の赤ちゃんへ悪影響が出ることもありますので、妊娠を考えている人や、妊娠中の人は避けるべきですね。

 

まとめ:皮膚科でのデリケートゾーンの黒ずみ治療は慎重に

最後に今回の内容をまとめます。

  • デリケートゾーンの黒ずみを解消するには、美容皮膚科での治療がおすすめ
  • 美容皮膚科の場合、いくつかの治療法の選択肢がある
  • 美容皮膚科で治療を受けても、100%黒ずみが解消されるとは言い切れない
  • 美容皮膚科での治療は通院が必要になり、費用も高額になることが多い
  • 人によっては副作用があったり、妊娠中の人は治療するべきではない

セルフケアに比べれば、デリケートゾーンの黒ずみを解消できる可能性は高いですが、その分、慎重になる必要がありそうですね。

よく検討してから皮膚科の治療は受けるようにしましょう。

もし費用や安全面が気になる方は、デリケートゾーンの黒ずみ専用のクリームを使ってみてはいかがでしょうか?

費用も抑えられ、安全面にも配慮されて作られています。

気になる方はチェックしてみてください。

おすすめの黒ずみ対策クリームを見る