デリケートゾーン(まんこ)の黒ずみにピーリング?本当に効果あるの!?

デリケートゾーンの厄介な黒ずみに悩まされている女性は少なくないでしょう。

デリケートゾーンの黒ずみ解消のために、あの手この手で対策している人もいるかもしれませんね。

そんなデリケートゾーンの黒ずみに、ピーリングが効果的だという話を耳にします。

ピーリングと聞くと一番に、スクラブ入りの洗顔フォームを思い浮かべるのは私だけでしょうか?

古くなった角質を落とし、新しい肌細胞の生まれ変わりを促してくれるピーリング。

確かに、デリケートゾーンの黒ずみにも効果が期待できそうではありますが、実際の効果はどうなのでしょうか。

また、スクラブを利用するピーリングは、少なからず刺激があるものです。そう考えると、安全面での不安も感じてしまいますよね?

この記事では、

  • デリケートゾーンが黒ずむ、そもそもの原因とは?
  • ピーリングって何?
  • ピーリングは、デリケートゾーンの黒ずみにも効果的?
  • デリケートゾーンに対してのピーリングは問題ない?

このような流れで解説していきたいと思います。

 

 

デリケートゾーンの黒ずみにピーリングは効果があるのか?

私の中では、ピーリングと言うと、顔のピーリングだというイメージが大きいですが、デリケートゾーンの黒ずみに対しても、ピーリング効果が期待できることがわかりました。

その前にまずはデリケートゾーンの黒ずみの原因について見ていきましょう。

デリケートゾーンの黒ずみの原因には主に次の3つです。

 メラニン色素の残留と沈着

紫外線によって生成されるメラニンですが、刺激や摩擦などによっても、メラニンが生成されます。

メラニンが増えすぎてしまうと、残留したメラニンが色素沈着を起こして黒ずんでいきます。

 お肌の乾燥

乾燥すると角質層が厚くなり、さらに硬くなってしまいます。

そして、摩擦や刺激などのダメージを受けやすくなります。

お肌の乾燥は、黒ずみにもつながるということですね。

 肌細胞の生まれ変わりが遅くなっている

肌細胞の生まれ変わり(ターンオーバーと言います)が遅くなると、体内で生成されたメラニンが排出しきれず、黒ずみの元となってしまいます。

そして、ピーリングの効果として挙げられるのが、古くなった角質を落とし、ターンオーバーを促してくれることです。

つまり、生成されたメラニンを、体外へ排出してくれるということでもあります。

これは、デリケートゾーンの黒ずみに対しても、効果的だと考えられるでしょう。

しかし、ピーリングはあくまでも、古い角質落とし&ターンオーバーを促してくれるものです。

ピーリングでは美白ができるわけではないので、黒ずみに直接働きかけるわけではありません。

即効性もないでしょうし、かなりの時間を費やすことになるかもしれませんね。

 

デリケートゾーンのピーリングは安全面で問題はない?

デリケートゾーンのピーリングですが、気を付けて行なっていれば、少しずつでも効果はあることでしょう。

ただし、細心の注意が必要なことは確かです!

デリケートゾーンのピーリングを手軽に行う方法として、ボディソープに細かい粒子の「塩」や「重曹」を混ぜて使うものがあります。

その際は、できる限り天然のものを使うようにしましょう。

また、ピーリングでの刺激も、さらなる黒ずみに発展しかねません。なので、週に二度ほどのピーリングで十分です。

自宅でも手軽に行えるデリケートゾーンのピーリングですが、刺激を与えすぎないようにして下さいね。

 

まとめ:ピーリングでは黒ずみ解消に時間がかかる

最後に今回の内容をまとめます。

  • デリケートゾーンの黒ずみの原因は、メラニン色素の沈着、乾燥、ターンオーバーの遅れである
  • ピーリングは古くなった角質を落とし、ターンオーバーを促してくれる
  • ピーリングを行えば、デリケートゾーンの肌のターンオーバーを促すので、黒ずみ解消にもつながると考えられる
  • デリケートゾーンのピーリングを行う際には、細心の注意が必要である

確かにピーリングは、デリケートゾーンの黒ずみにも効果的かもしれません。

しかし、ピーリングは美白をするわけではないので、相当な時間がかかってしまいそうですね。

なのでしっかりと黒ずみ対策をするなら、美白成分を配合した黒ずみ専用クリームなどを使う方が確実です。

黒ずみ専用クリームは肌に優しく、美白成分を配合しているので、ピーリングよりも安心して黒ずみ対策ができます。

安全面と確実性を重視するなら、黒ずみ専用クリームでの対策をおすすめします。

おすすめの黒ずみ対策クリームを見る