デリケートゾーン(まんこ)の黒ずみ|実は解消よりも予防が大事?!

多くの女性が悩まされるデリケートゾーンの黒ずみ。

デリケートゾーンの黒ずみを解消したいと思っても、残念ながら、そう簡単に解消されるものではありません。

しかも、時間が経てば経つほど、解消するのは難しいと言えるでしょう。

私もデリケートゾーンの黒ずみに気付いてからは、いくつかの対策をしました。

しかし、気にならなくなるまでにはかなりの期間を要しました。

その時に思ったのです。

「デリケートゾーンの黒ずみを解消するよりも、黒ずみを起こさないための予防をしておけばよかった」と…。

今回の記事では、

  • デリケートゾーンが黒ずんでしまう主な原因とは?
  • デリケートゾーンの黒ずみ予防に欠かせないこと
  • デリケートゾーンの黒ずみを予防する方法

これらを順番に解説していきます。

手遅れになる前に、しっかりと予防していきましょう!

 

そもそもデリケートゾーンの黒ずみの原因とは?

そもそも、デリケートゾーンの黒ずみが起きる原因をご存知でしょうか?

主な原因として、3つのことが挙げられます。

  • 乾燥することでデリケートゾーンの角質層が硬く、分厚くなること
  • デリケートゾーンに刺激や摩擦が与えられ、「メラニン」が過剰に発生すること
  • ターンオーバー(肌の代謝)が遅くなり、「メラニン」を排出しきれないこと

黒ずみの原因も、シミやくすみと同じ「メラニン」が深く関係しています。

乾燥することで角質層が分厚くなり、ダメージを受けやすい状態になります。

刺激などによってダメージを受けると、余計にメラニンが生成されるということです。

ターンオーバーは、加齢やストレス、生活リズムやホルモンバランスの乱れによって遅れてしまいます。

これらの原因を考えると、デリケートゾーンの黒ずみを予防するために欠かせないことが見えてきますね!

  • 乾燥を防ぐ
  • 刺激や摩擦を与えない
  • ターンオーバーを正常にする

この3つです。では具体的な予防法を見て行きましょう。

 

デリケートゾーンの黒ずみを予防する方法

セルフケアでデリケートゾーンの黒ずみを予防することも出来るんですよ!

黒ずみ予防法をチェックして、黒ずみが悪化するのを防いでいきましょう。

ここではデリケートゾーンの黒ずみ予防として

  • デリケートゾーンの保湿
  • 刺激や摩擦を与えない意識
  • ターンオーバーを正常にする

の3つについて紹介していきます。

 

予防法①:デリケートゾーンの保湿

デリケートゾーンの角質層はとても薄く、保水力がありません。日頃からの保湿が重要です。

ただし、デリケートゾーンに合わないクリームなどもありますので、注意が必要です。

デリケートゾーン専用のクリームが安心ですね。

>>おすすめのデリケートゾーン専用クリーム

 

予防法②:刺激や摩擦を与えない意識

普段の生活や軽い運動でも、デリケートゾーンへの刺激や摩擦が起こっています。

刺激や摩擦を全く与えないのは不可能ですが、意識をすることで変わってくることでしょう。

下着やストッキングでの圧迫、デリケートゾーンのこすり洗いは避けたいですね。

 

予防法③:ターンオーバーを正常にする

まずは、普段の生活リズムを見直してみましょう。

放っておけば、加齢と共にターンオーバーは遅れてくるものです。

睡眠、栄養バランス、生活リズムを整えるようにしましょう。

ターンオーバーが正常になれば、デリケートゾーンに発生した「メラニン」も、排出されやすくなりますよ。

 

まとめ:デリケートゾーンの黒ずみ予防には意識が大切!

デリケートゾーンの黒ずみの原因や予防法について解説してきましたが、いかがでしたか? 

最後に今回の内容をまとめます。

  • デリケートゾーンの黒ずみの原因は、乾燥や刺激&摩擦、ターンオーバーの遅れである
  • 黒ずみの予防に欠かせない「保湿」
  • メラニンを発生させないために、刺激や摩擦を与えないようにする
  • ターンオーバーを正常にして、メラニンを排出しやすくする

デリケートゾーンの黒ずみを完全に解消するのは難しいですが、予防することは出来そうですね!

日頃からの意識が大切です。

また、予防もしつつ「すぐに黒ずみを解消したい!」、そんな方はデリケートゾーン専用のクリームを使ってもいいでしょう。

こちらでおすすめを紹介していますので、参考にしてみてください。

おすすめの黒ずみ対策クリームを見る