デリケートゾーン(まんこ)の黒ずみ解消にはトレチノインが最強?

女性なら誰しも、デリケートゾーンの黒ずみは気になるものですよね?

そんなデリケートゾーンの黒ずみに、シミ消しに使われるトレチノインが効果的だという話があります。

「トレチノイン」を知らなかった頃の私は、「何それ?」という感じでしたが、調べれば調べるほど、トレチノインを試してみたくなってしまいました。

美白成分として強力な力を持つのが、トレチノインです。

薬用美白成分「レチノール」と同様に、ビタミンA誘導体の仲間ですね。

ビタミンA誘導体と聞いてもピンと来ないという人のために、それについても、デリケートゾーンの黒ずみ解消効果と合わせて説明していきますね。

  • そもそも、トレチノインとは?
  • ビタミンA誘導体の働き
  • トレチノインとハイドロキノンの関係
  • トレチノインとハイドロキノンの強力タッグで、デリケートゾーンの黒ずみは解消される?
  • デリケートゾーンにトレチノインを使っても問題ないのか

このような順番で見ていきましょう。

 

 

デリケートゾーンの黒ずみにトレチノインは効果があるのか?

デリケートゾーンの黒ずみにトレチノインを使えば、黒ずみ解消の効果は期待できるでしょう。

トレチノインは強力な成分ですので、その効果も期待大です!

トレチノインはビタミンA誘導体の仲間で、専門の医師の処方が必要な成分です。

ドラッグストアやインターネットで手軽に購入できるものではありません。

しかし、それだけ強力な成分だということですね。

皮膚や粘膜を強くしたり、肌細胞の生まれ変わりであるターンオーバーを促進して、シミの元「メラニン」を排出しやすくしてくれます。

その結果、黒ずみ解消が期待できるというわけです。

トレチノイン、無敵ですね!

 

トレチノインの絶大な効果の裏に注意点

そんなトレチノインですが、注意点もあります。

ターンオーバーを促すということは、炎症が起きやすい(ダメージを受けやすい)状態であることは間違いありません。

その間は、シミの元「メラニン」が新たに作られてしまっているのです。

ターンオーバーで「メラニン」を排出しようとしているのに、新たな「メラニン」が作られてしまっては元も子もありません。

そこで、トレチノインと共に処方されることが多いのが「ハイドロキノン」です。

ハイドロキノンは「メラニン」に直接働きかけるため、新たな「メラニン」の生成を抑えてくれる、トレチノインの強い味方なのです。

この、トレチノインとハイドロキノンの最強タッグは、頑固なシミ消しを実現してくれるわけですね。

デリケートゾーンの黒ずみに戻りますが、デリケートゾーンの黒ずみの原因は、シミと同じ「メラニン」です。

つまり、トレチノインとハイドロキノンを使えば、デリケートゾーンの黒ずみ解消にも期待ができるということです。

皮膚科などで相談すれば、デリケートゾーン用に濃度を調節した、トレチノインとハイドロキノンを処方してくれるでしょう。

 

デリケートゾーンにトレチノインを使う際の注意点

トレチノインとハイドロキノンさえあれば、デリケートゾーンの黒ずみに悩まされることがなくなるような気がしてきませんか?

しかし、実際にデリケートゾーンに使用する場合には、それなりの注意が必要なんです!

前述したように、トレチノインは強力な成分です。

また、ハイドロキノンも、トレチノインに負けず劣らず強力な成分です。

これらの成分は刺激も強く、用量や用法を間違えれば、副作用が起きることも珍しくありません。

デリケートゾーンの角質層はとても薄く、顔よりも敏感な部分でもあります。

そんな繊細な部分に強力な成分を使うわけですから、慎重にならなければなりませんね。

赤みや湿疹、痒みなどが表れる可能性があります。

デリケートゾーンにトレチノインやハイドロキノンを使う際には、専門の医師に相談しながら使うことをおすすめします。

 

まとめ:トレチノインとハイドロキノンの副作用に注意!

最後に今回の内容をまとめます。

  • トレチノインはビタミンA誘導体の仲間で、医師の処方が必要な強力な成分である
  • ビタミンAはターンオーバーを促し、「メラニン」を体外へ排出しやすくする
  • トレチノインだけの使用では、新たなメラニンが作られやすくなるため、ハイドロキノンとの併用が一般的
  • トレチノインとハイドロキノンの組み合わせは、デリケートゾーンの黒ずみ解消に期待ができる
  • トレチノインやハイドロキノンは、取り扱いに注意が必要

トレチノインとハイドロキノンの強力な組み合わせ、使ってみたい反面、副作用があるかもしれないのは不安ですね。

医師の処方が必要ということは、通院が必要だということです。

それだったらセルフケアができる、デリケートゾーン専用のクリームを使ったほうが無難かもしれません。

当サイトではデリケートゾーン専用のクリームを紹介しています。

安全にケアをしたいという方はこちらを参考にしてみてください。

おすすめの黒ずみ対策クリームを見る