デリケートゾーン(まんこ)の黒ずみへのビタミンCの効果と注意点

デリケートゾーンの黒ずみに対して、美白成分でもあるビタミンCが効果的だという話は本当なのでしょうか?

私も実は、若い頃からデリケートゾーンの黒ずみに悩まされています。

顔などのシミに効果的なビタミンCが、デリケートゾーンの黒ずみにも効果的だとしたら、ぜひ使ってみたいと思っちゃいます!

美白成分として有名なビタミンCは、シミの予防や漂白に効果が期待できる成分でもあります。

食事やサプリメントで摂取したり、ビタミンCが配合されている化粧品も多くありますので、比較的、手軽に使えるのが嬉しいですね。

その反面、デリケートゾーンにビタミンCを使っても問題ないのか、少し不安な気もしますよね。

この記事では、

  • デリケートゾーンの黒ずみの主な原因
  • ビタミンCの効果、弱点
  • ビタミンCを浸透しやすくした「ビタミンC誘導体」について
  • デリケートゾーンの黒ずみにビタミンCは効果を発揮するのか
  • デリケートゾーンにビタミンCを使う時、注意しなければならないこと

このような順番で解説していきますね。

 

 

デリケートゾーンの黒ずみにビタミンCは効果があるのか?

デリケートゾーンの黒ずみに対してビタミンCは、成分としては申し分ありません。

黒ずみの解消にも期待が持てるでしょう。

なぜなら、デリケートゾーンの黒ずみの原因は、シミと同じ「メラニン色素の沈着」だからです。

デリケートゾーンは本来、紫外線を浴びる部分ではありません。

それなのにメラニンが作られてしまう原因は、

  • 下着やストッキングとの摩擦
  • デリケートゾーンを洗う際に、ゴシゴシと擦ってしまう
  • 不規則な生活リズムや加齢などによる肌の新陳代謝の衰え

などがあり、これらによって紫外線を浴びないデリケートゾーンにも、メラニンが作られてしまうのです。

その「メラニン」に働きかけてくれるのがビタミンCです。柑橘類や野菜などから気軽に摂取できる成分ですね。

食事からだけだと十分な量のビタミンCが摂取しづらいので、サプリメントで摂取している人も多いのではないでしょうか。

 

ビタミンCは弱点も多い

美白には心強いビタミンCですが、とても繊細な成分でもあります。

ビタミンCは吸収率が悪いうえに壊れやすく、熱に弱い性質を持っています。

また、肌への浸透もしづらいという弱点があります。

そんな弱点を克服したのが、「ビタミンC誘導体」です。

ビタミンCを壊れにくくし、肌の奥まで浸透しやすいように改良された成分です。

美白化粧品には、ビタミンC誘導体が配合されているものが多いのはこのためです。

デリケートゾーンの黒ずみの原因も、シミと同じ「メラニン」ですので、ビタミンCそのものは、デリケートゾーンの黒ずみ解消に力を貸してくれることでしょう。

 

デリケートゾーンの黒ずみにビタミンCを使う際の注意点

普段、顔に使っているビタミンC誘導体入りの化粧品を、デリケートゾーンに使っても問題ないかと問われると、「答えはノー」です。

あくまでも、化粧品は顔に使うために作られているものです。

デリケートゾーンは名前の通り、とてもデリケートな部分でもあります。

特に、濃度の濃いビタミンC誘導体入りの化粧品をデリケートゾーンに使った場合、ピリピリと刺激があることも…

それによって、余計なメラニンを作ってしまうことにもなりかねません。

すでに、デリケートゾーンの黒ずみに対して、顔と同じ化粧品を使っている人もいるかもしれません。

その場合には、デリケートゾーンの肌の状態をこまめに確認しながら使うようにして下さいね。

 

まとめ:デリケートゾーン専用クリームの方が安心

最後に今回の内容をまとめます。

  • デリケートゾーンの黒ずみの主な原因は、シミと同じく「メラニン」である
  • 美白効果が期待できるビタミンCだが、とても繊細な成分である
  • 壊れやすいビタミンCを強化し、肌に浸透させやすくしたものが「ビタミンC誘導体」
  • メラニンに働きかけるビタミンCなので、デリケートゾーンの黒ずみ解消にも期待大
  • ビタミンCそのものはデリケートゾーンの黒ずみに働きかけるが、顔と同じ化粧品をデリケートゾーンに使うことは避けるべき

「ビタミンC誘導体」が配合された、デリケートゾーン専用のクリームもあります。

デリケートゾーンには、専用のクリームを使うほうが安心ですよ!

当サイトでもおすすめの黒ずみ対策クリームを紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめの黒ずみ対策クリームを見る